インク

ネットで簡単に注文できるようになった名入れグッズ

宣伝に使うカレンダー

名入れカレンダーを業者に依頼して作成してもらう場合には、卓上型のタイプか壁掛けタイプか選ぶ事になります。それぞれ宣伝効果が変わってくるため、利用者に合わせて名入れカレンダーの種類を選ぶことがポイントです。

目線は常に購入者

ノベルティの配布目的は購入者に目に入れてもらって商品の購買意欲を高めたり、知名度を向上させたりすることにあります。ただで配布するからといって必ず持ち帰ってくれるわけではないので、購入者の目線で考えて使えるものを選んで制作することが必要です。

自分だけのオリジナル

ノベルティ

ネットを使ってプロに依頼

名入れのグッズは、自分用やサークル用はもちろん、記念日やお祝いのプレゼントとしても大変喜ばれるものです。複数欲しくても大量にはいらないという方向けの業者を利用すれば、小ロットで名入れをしてもらえますし、何より自作するよりもクオリティが高く、長持ちしやすいというメリットがあります。名入れができるグッズは幅広く、ボールペンやクリアファイルのような文房具、Tシャツや写真立て、グラスやお皿といった雑貨や食器にも対応してくれるところも増えてきています。特にお酒やお茶をよく飲む方には、名入れのグラス、インテリアや置物が好きな方には飾って楽しめるお皿がおすすめですよ。また、グッズを一個から名入れしてくれる個人向けの業者もあるので、プレゼント用に考えている方は、そちらを利用すると余ってしまうこともありません。また、多くの企業ではイベントを開催した際に、名入れのグッズを配布するところも沢山あります。訪れた人に配布するとなると大量のグッズが必要となるため、制作する時には業者へ依頼するとよいでしょう。しかし、業者に依頼するにも納期が重要となります。納期に間に合わせるためにも早めに依頼しておきましょう。業者はインターネットで公式サイトを公開していますが、専用の口コミサイトやSNSなどを利用して、評判のいいところを調べることができます。自分がいざ利用する時に、どこがいいのか分からなくなった時は、活用してみてください。口コミサイトは、メリットや料金設定、できあがるスピードなどはもちろんですが、トラブルに遭った経緯などマイナス面も知ることができます。トラブル回避のためにもレビューは参考にしましょう。

中身が見え開封率アップ

透明封筒は光沢性や強度に優れ、中身が見えるため開封率が高いというメリットがあります。またインクの発色が良く、単色から多色刷りまで様々なデザイン印刷が可能です。片面白ベタと呼ばれる封筒では、印刷価格を抑えたりペンで書きこむことも可能です。ロット数に応じて価格が変わるので確認しておきましょう。