女性

ネットで簡単に注文できるようになった名入れグッズ

目線は常に購入者

ノベルティ

配布目的を考える

マーケティングのためのツールとしてノベルティはよく制作されていますが、様々なツールの中でノベルティを選ぶ理由をまずは考えましょう。ノベルティの配布目的は主には購買意欲を高めることや知名度を向上させることです。ただでくれるものだからという理由で使えそうなものなら持ち帰ってもらうことができ、使用している限りは常に目に入れてもらえるのが特徴です。ノベルティの制作するときには使えそうだと思ってくれなければならないという見方が大切であり、宣伝を行いたい商品や企業として扱っているサービスの購入者の目線で考える必要があります。制作の際には宣伝効果を高めようと考えて、企業側の目線を重視してしまうことがよくあります。しかし、ただでくれるからもらうと誰もが判断するわけではなく、使うからこそもらうという判断をすることの方が多いでしょう。購入者として期待される人たちの市場での考え方を把握して、持ち帰ってくれるようなノベルティを制作するのが必須なのです。ただし、持ち帰ってくれても使用場面がなくて捨てられてしまったり、しまい込まれてしまったりしては意味がありません。手元にあれば使うものということも重視してノベルティを制作すると効果が高まるでしょう。配布目的はあくまで購入者の目に届くところにある状況にして意識下に置いてもらうことというのは忘れてはなりません。購入の対象者によって使えるかどうかの判断基準が異なるので商品やサービスに応じて適切なものを選んで制作しましょう。