女性

ネットで簡単に注文できるようになった名入れグッズ

中身が見え開封率アップ

印刷機

印刷の発色がきれい

中身が見える、軽量であるといったメリットがある透明封筒は、近年DM用として多くの企業が採用しています。透明封筒はOPPと呼ばれ、透明度や光沢性、強度などから封筒向けの素材とも言えます。そして印刷インクの発色が良いというメリットも併せ持っています。印刷することにより、オリジナリティを出すことや一部だけ中身を見えるようにするといったことが出来るようになります。透明封筒を作成する際は、まずは大きさを決めることが必要です。一般的な紙封筒よりも、サイズの幅が広く、入れるものによって柔軟にサイズオーダーが可能です。また、枚数や袋の厚みによっても価格が変わってきます。数量が多い方が単価は安くなりますので、頻繁に使うものであれば大量に注文しておいた方がいいでしょう。もし透明封筒に印刷を施すのであれば、色やデザインも決める必要があります。インクの発色が良い透明封筒は、単色刷りから多色刷りまでいろいろなデザインで印刷が可能です。印刷するには一定の注文数が必要であり、最低ロット数は作成会社によって異なります。電話やHPなどで確認しておきましょう。コストを考えた場合は、単色刷りの方がメリットは大きいです。色は自由に選ぶことが出来、ロゴや住所などの印刷も可能です。一方多色刷りはコストは高くなりますが、デザイン性は格段に上がります。一部に印刷したり、全体に散りばめて絵柄を入れたりと、多くのアイデアを詰め込むことで企業側のイメージ向上にもつながることがあります。また片面白ベタと呼ばれる透明封筒は、片側が白く塗りつぶされている透明封筒です。印刷価格を抑えることが可能で、ペンなどで自由に書くことも出来るなど多くのメリットがあります。